FC2ブログ

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-09-29

ソープラジオとか吉原とか

こんばんは。
昨日は新宿二丁目で飲んで明け方に帰宅した為に更新ができませんでした。
酔い過ぎてまもとな日記が書けそうもなくて、ふにゃふにゃになって寝ちゃいました。
酔った状態で寝るのって気持ちいいねぇ。飲み過ぎて気持ち悪い時はそれどころじゃないけど。

そんな二丁目で飲んだくれた昨日はネットラジオの収録にお邪魔してきました。
ソープラジオ1126 ←こちらで聴けます。
タイトル通り、ソープや風俗などについてを、時には真面目に時にはゆるく語るこちらの番組。メインパーソナリティの工藤隆男さんと縁あって知り合ったのがきっかけで呼んで下さいました。出会いのいきさつもラジオの中で喋っているので、良かったら聴いて下さいな。

私が出た回の内容は、本当にすみません&ありがとうございます×∞でも済まない程に自分の事を喋っています。これまでの風俗歴から恋愛、これからやりたい事、これからの風俗、あと何を喋ったかな?喋りたいだけ喋った二時間ちょい。二回分。まだまだ喋り足りなかったけど目指せ準レギュラーですので、また呼ばれる事を願い、呼ばれた時はまた休憩中に工藤さんが「お願いだから黙ってくれ」と言われる内容を引っ提げて喋りつくしたいです。

なかなか自分の半生なんて話す機会は無いから、なんというか不思議な感じでした。
とはいえ、悲壮感漂う話は無しですが。だって、それはつまらないから。しかも私が歩んできた人生で起きた出来事なんて、ふと見渡せば『よくある』ものばかり。それをさも大変でした、辛かったです、なんて言いたくない。

私には自分で決めたルールがあります。一つは『仕事の愚痴を言わない』。二つは『お客様を悪く言わない』。三つ目は『人のせいにしない』。四つ目は『己の意思を強く持て』。五つ目は『調子に乗らない。天狗になるな』。六つ目は『人を僻むな。妬むな』。七つ目は『過去を振り返って初心に戻るのはいいけど、弱さまで戻すな』。……これくらいでしょうか。
これ等の自分ルールに則って今までやってきました。どれもが意味があります。

愚痴や悪口は言えば言った分だけ人が逃げるから。無意識下でも表情に出るから。口角が下がるから。目尻が吊り上がるから。だから言いません。
人のせいにしたって何も解決しないし、寧ろ拗らせるから。言い訳がましい、素直さに欠けた人間になるから言いません。
意志を強く持たなきゃこの仕事は精神を持っていかれるから。気が強いだけでは心は潰されてしまう。なので意志を強く持って自分を保ちます。
調子に乗ればあとは下降するだけ。人はちゃんと見ているから。
人を僻んだり妬む言葉と時間があるなら自分磨きをした方がいいから。綺麗な言葉、綺麗な景色、綺麗な想いに囲まれた方が気持ちいいもん。
過去はよく振り返ります。その時の自分の心を思い出す為に。当時と同じには戻れなくても、気持ちを改めて、確かめて、背筋を伸ばし前を向く事は出来るので。過去があるから今がある。過去を大事にし過ぎて後退はしたくない。常に前進したいから、時々後ろを振り返るようにしています。

こうして自分が決めたルールがあるから、日々を楽しく過ごせるのかも。

悔しさや寂しさ、後悔や悲しみとか、他にもたくさんの涙に繋がる経験や感情はたくさん経験したから、今が笑える。
一朝一夕で成せる精神ではないのかもね。だって年月が長いもの。いつまでも泣いていられない。泣く暇があるなら前に進む方法を考えて笑っていたいもの。
だから好きな顔文字はこれです→( *´艸`)笑(*´ω`*)笑(*´▽`*)笑( ゚Д゚)あ!(*´Д`)やっちゃったΣ(゚Д゚)あらま!←これこれ。怒ったのとかは好きじゃないです。って、何故に顔文字?なんて思わないで下さいね。言葉が見付けられないから顔文字で片しちゃいました。ごめんなさい。


あ、それで今日は出勤前に、こちらの→ギャルズコレクションにてコラムでお世話になっているブランキーさんにお声を掛けて頂いた、吉原写実という吉原の歴史を写真を見ながら解説してもらうというイベントへ行ってきました。

昔の吉原をちゃんと見るのは初めてでした。今の時点で感じた想いはたくさんあるのですが、この気持ちはきちんと静かにまとめてからブログに綴りたいと思います。


因みに、ブランキーさんの話も本人不在でしたが話に出てきます。

配信は月曜日。
あと少しですね。

私も楽しみです♪



では、また明日。

2014-09-27

それやめない?


こんばんは。

先程、帰宅しました。
帰宅早々にシェアメイトの仕事話?演説?を聞いて?聞かされてました。「聞きたい?」って笑顔で言われ、有無を言わさない手招きでリビングへ通され、ソファに座らされ、最後まで聞いてきました。そうしての今、自室でこれを綴っているわけですが、こうした何気ない日常が幸せなんですよね
幸せの沸点が低いのか、単純なのか自分でもわからなけど、ただただ楽しくて、面白くて、心から笑える、この日常が好きなんです。うん、単純なんでしょうね。だから、あまり苛立ったり、怒ったり、嘆いたり、悲しんだりが無い。それよりも何事も『楽しい』に変換しちゃうので、嫌な出来事も数分後には笑い話のネタになっているという。

こんな話をすると、たまに無理矢理に不幸事から目を逸らしているのではないか?または、無理矢理に自分の不幸な日常を肯定しようと躍起になっているだけではないか?なんて言われるのだけど、その考え自体が間違っている気がしてならないんです。

だって、これじゃまるで『風俗産業に従事する人間=不幸でなきゃいけない』ではないですか?

様々な理由から風俗を選び、脱いで舐めて舐められ股を広げ、そこから得るお金で日々をしのぐ……当たりの風景。なんら間違ってはいません。だけど、私みたいに楽しんでいる人間もいるのも知って欲しいな、と。同性愛者の私が男性相手の風俗をして、しかもそれが楽しいなんてなると、もう訳がわからないでしょうが少なくとも私は楽しんでます。
日常の風景として、生活として、仕事として、特に疑問も不満も焦燥もなく風俗産業に身を置いています。哀愁だとか、悲壮だとか、そんな言葉は第三者が私を見て勝手に思う感想なので、そこは放っておきます。

たまに、俗に言う「普通のお仕事をしているサラリーマン、OL」または「学生や主婦」このような風俗経験や、風俗の世界から程遠い日常を過ごしている人が裸売りを生業としている人間に、ありとあらゆるイメージを持つのは仕方がないし、そりゃ当然だと私も思いますが、『元風俗嬢』『現役風俗嬢』が、あれやこれやと彼女は不幸・私は不幸を撒き散らすのが、どうも苦手なんです。

だってこれじゃ、不幸の押し売りみたいだし、自分たちで風俗嬢=不幸、この図式を作り上げている。で、人に不幸そうだと言われたら、そんな事ないし!となる。自分で不幸というのは良いけど、人に言われるのは嫌、だなんて我儘だし、不幸な自分を見せて何がしたいの?とも思う。

どの仕事でも共通するのは誰も助けてくれない、という事。助言や救いの手は差し伸べてくれても、最終的には自分自身の意志と努力で乗り越えるしかない。前を見据えるのも、後ろばかり見るのも、前進するのも、後退したり立ち止まったまま動かなくなるのも、それは全て自分次第。そして、もう一つ言えるのは、風俗に就いていなくとも不幸な人生を歩んでしまった人間はいる。という、ごくごく当然のようにありふれた日常風景はどこにだってあるのですが、なんでしょうね。

何事も自分自身の考え方次第だと思うのですが、どうにもこうにも風俗嬢は=で不幸に結びついていなきゃいけない、なんてイメージが深く根付いてしまっていて、そこを払拭するのは並大抵の事ではないような気がします。


いいじゃないですか。楽しんで股をおっぴろげている風俗嬢がいたって。快楽云々より人との戯れを楽しんでいる風俗嬢がいたって。仕事の話を嬉々として喋る風俗嬢がいたって。

とはいえ、昔は私も溜め息をついて一人不幸に浸って酔っていましたが。いつまでもそんなんやってたら疲れるわ。


この間、母に風俗コラム書いてるよーって言ったら、アンタの十八番じゃない、あれこれ書けるんじゃないの?頑張りなさいね。との返事でした。私の場合、理解ある人間が周りにいるからなんでしょうが、誰もがこういった感じなので、だから余計に不幸臭が無いのかも。



長ったらしくなったので、今夜はこのへんで。
明日はネットラジオで風俗話をしてきます。

2014-09-26

はじめまして。


こんにちは。月緒と申します。
まだFC2ブログの使い方が分かっておらず、使いこなせていません。
機械音痴というより説明書が苦手なので、使い方の説明を全く読まないのがいけないんですよね。

このブログは私のお仕事、日常、色事に関して思い感じた事を綴っていきます。
とはいえ、まだ駆け出しの風俗嬢ライターですので、書くことはほぼ風俗のお仕事についてがメインになりそうです。

とりあえず今日した事は、ギャルコレにコラムを送って、ソープランド1126というネットラジオの出演依頼が来たので、何を喋るのか全く考えていないのはダメだよね?って事で、なんとなく風俗雑誌を買って、ついでにレズAV特集をしている雑誌を二冊買って、あと裸産業を追ったノンフィクション本を二冊買って、歌舞伎町で友達が働いている飲み屋で飲んでカラオケして帰って来て、今…という感じです。ごくごく普通の日常です。

ギャルコレのコラムにも書いたのですが、風俗を隠していないので楽ちんなんですよね。今まで特に困った事は無くて、意外と理解ある人が多くて、理解が無かったとしても話していく内に理解しようと耳を傾けて考えてくれたりで、案外やりやすい=生きやすい環境にいます。
特に家族も知っているというのはありがたくて、過去にお客様に脅されたんですよね。お前の親に風俗で働いているのばらすぞ、と。どうやって私の家族とコンタクトを取るのかは未だに謎だけど、「はい、どうぞ」これしか返す言葉は見つからなくて、そう言うと何度も念を押されたんです。いいのか?本当に本当に言っちゃうぞって。だから「言ってくださいな。親も兄弟も友達も、み~んな知っているので、今更言ったところで何も面白くありませんが」と言うと、相手は拍子抜けしていました。風俗=秘密の仕事、みたいになっていたんでしょうね。世の中、正解は一つでは無いとい事でしょうか。こうしたイレギュラーな展開は想定できなかったらしく、そそくさと撤退してしまいました。

これも未だに謎なんですが、このお客様は何がしたかったのだろうって。全くわかりません。

私、全てにおいて隠し事が無いんです。風俗嬢であるのも、同性愛者であるのも、なにもかも誰にでも話しちゃっています。風俗でのお客様には同性愛者は言ってないですが、仄めかす発言はよくしています。
隠し事は多ければ多い程、疲れるし面倒。かといって、あれこれ影で噂されても平然としていられる程メンタルが強いわけでも無いんですけどね。単に人に恵まれているのでしょうね。周りの優しさに甘えさせてもらっているのかも。

そんなわけで、これからつらつらと書いていきますので宜しくお願いします。



プロフィール

月緒さん

Author:月緒さん
現役風俗嬢ライター。

GAL COLLECTIONにてコラム連載中
http://www.soapland-gc.com

Tokyo Borderless TVにて『吉原キネマ』毎週土曜日配信中
http://www.tokyoborderless.tv/

Twitter
tsukio_xoxo

お仕事の依頼などは
tsukio_2345@yahoo.co.jp
こちらから宜しくお願いします。



こちらのお店に在籍しています。
http://www.cote-dr.com/

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。