FC2ブログ

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-01-23

最期の話。注意※暗いよ!

こんにちは。
今日は暗ーい暗いお話になりますので、読まれる方はお覚悟の程に。


生きる。ただ単純で簡単な事なのに、どうにもこうにも難しいのが生きる事。第三者から見て順風満帆に見えていたって、その背景は本人にしかしらない。もしかしたら自分でも分からない、息苦しさと生き苦しさに苛まれているかもしれない。
過去を振り返れば、私にもありました。生き道が見付からず真っ暗で光の一筋さえない、ただ息をして仕事して泣いてばかりの日々が年単位でありました。

けれど、父が自ら命を絶った事で私の考えは大きく変わりました。
今から十年程前の出来事です。

細かな私の生い立ちなどはここでは抜きにして、ある春の日に失踪したんですよね。少しの荷物を車に積んで、真夜中に消えたそうです会社の寮から。捜索願を出しました。何度も警察に行きました。祖父母とも連絡を取り合いました。だけど、信じていました。気丈な父はどこかで生きていると。母は言っていました、お父さんは東京に疲れちゃっただけで、どこかで畑を耕しているよ、と。
けれど私はそれに頷けなくて…。失踪する数か月前から父の様子はおかしかったんです。母にも言いました。父が鬱っぽいと。だけど、父の元の性格が血気盛んで言葉よりも先に手が出る暴力性から、母はあの父が鬱だなんて有り得ないと一蹴してしまい、本気で受け止めてくれませんでした。でも、話していたんです。あと数年したら父と一緒に暮らそうと。父も年老いてからの一人暮らしは寂しいだろう、と。私も両親を金銭的に面倒を見る覚悟を更に決めて、その案に了承していました。

その矢先の出来事だったんですよね。父の失踪は。

そして、夏のある日の早朝、警察から電話がありました。父が首を吊って発見されたと。今でも覚えています。電話を取った母が私の部屋に泣きながら飛び込んできたのを。数か月の失踪の経路は警察の父が残していたレシートから見て取れました。落し物を拾って警察に届けていた記録も残っていました。失踪中の遺品から、私が小学生の時に書いた父宛の手紙がありました。未だに持ってただなんて私自身知りませんでした。私の幼い頃の写真もありました。

馬鹿なんです、お父さん。一人で抱えて、独りで逝っちゃった。失踪している間、毎日家に電話を掛けて来ていたんですよ。いつも出るのに無言電話。電話番号も表示されなかったので、公衆電話からだったのでしょう。なんで一言、言わなかった。なんで黙っていた?馬鹿すぎて泣けてきます。

気丈だからこそ、誰にも言えなかった。言えないから馬鹿な選択をした。馬鹿。本当に馬鹿。お墓参りへ出向く度に父に話しかけています。お父さんの馬鹿と。

私に出来る事はお金を稼ぐ事のみ。あとの能力は何もありません。けれど、お金があれば両親を生かす事はできる。だから私に出来る事は無駄ではないと思っています。でも、私に出来る事には限界があります。家族を養うのみしか出来ない。それが精一杯。

だから、他の人に『死にたいんだ』と言われても止める力は無いんですよね。だって、止めたら最後まで面倒は見なきゃ。止めるからには相手の心を救い、相手が一人歩きができるだけの動線を作ってあげないといけない。それが出来ないなら止める筋合いは私にはない。出来ない癖に止めるなんて、なんて綺麗事で自己満足なんだろうかと考えています。同情心だけでは人を生かす事は出来ない。

父の死から数年後、付き合っていた彼女が包丁を取り出して『死にたいから刺して欲しい』と言いました。答えは勿論、《私を犯罪者にしないで》です。死にたいのなら誰にも迷惑をかけず、静かに死ねばいい。そして、私は彼女を助けられないから止めない。少なからず死んだ後は人様に迷惑をかけるのだから、そこは最小限にしなきゃ。美しい死に方くらいはしなきゃと思うんです。彼女は言いました『私が死んだら悲しくないの?』と。私は《悲しいけど、二・三日もすれば私は美味しいご飯を食べて笑っている》と返事をしました。
実際、父の死から数日後、一週間もしないで私は仕事をしていました。お客さんの前で笑って、一物をしゃぶって、平常運転。何ら変わりなし。泣くのは三日と決めていたのでそれ以降は余程じゃない限り泣きませんでした。

だって、父を救えなかったけど、父は楽になったのですから笑ってあげなきゃ。悲しむより馬鹿な父を笑って愛してあげなきゃ報われない。

とはいえ、未だに父の命日を忘れてしまいます。十年経っても覚えられません。頭が拒否しているのでしょうね。
私はこれからも生きるし、叶うならば老衰が希望です。悲しんで立ち止まっている暇は微塵もない。だから、これからもお父さんには言いたい。辛さの先にある喜びを見付けられなかったお父さんは勿体ない事をしちゃったねって。ほんの少しの勇気を出して、あの毎晩の無言電話で何でもいいから言葉を発してくれたら良かったのに、父の後悔を残された私達に遺してくれちゃった。本当に大馬鹿者だよ。大馬鹿者だから死して尚、愛しいのだけど。


生きるって大変。大変だからこそ、面白くて楽しくて、全てが愛しくて止まない。人の想いや優しさに欠片だけでも触れてしまえば、涙が溢れる程に嬉しくて幸せで胸がいっぱいになる。頑張らなくていいから、楽しみながら生を謳歌しなきゃ。五感いっぱいに感じて、受け止めていかなきゃ勿体無い。どんな事でも気持ち一つ、考え一つで逆転する。悪く捉えるより、面白く捉えられる部分っていっぱいある。

だから笑っていなきゃ、って思うのです。



長ったらしくなってごめんなさい。分かりづらくてごめんなさい。
あまり、暗い話はしたくないんだけど、今日はなんとなくね。

これから友達のトークイベントへ行ってきます(*´ω`*)
下衆なシモネタだらけなんだって♡チンマン話ってなんで面白いんだろうねぇ。もう大好き過ぎて発情してくるww

では、行ってきます♡



2015-01-21

おやじ男優Z 観てきました。


こんばんは。
昨年から気になって気になって、そのくせ観に行けなかった映画『おやじ男優Z』を、やーーっと観てきました。

場所はシアターPOO。数日前に私が縛られたりなんやかんやが行われた同じ場所です。これだけでも十分、私にとってはうま味成分だったのですが、それだけじゃない。上映前に監督の水島ゆたかさん、出演のなかみつせいじさん、司会の松本格子戸さん。こちらの三人が寸劇をしたのですが始まる前から会場に笑い声が溢れていました。映画を観る前に、こんな笑を貰えるなんて、そこでまた私のうま味成分がアップしちゃいました。

そうして格子戸さんの口上に移ってから上映された『おやじ男優Z』。
泣きました。笑いました。悲しくなりました。喜びました。安心しました。一つの作品で、ここまで感情を上下左右に揺さぶられるのは、なかなか無い。もう若くも無く、おやじというカテゴリーに属する人間が人生の折り返しを迎えてからの環境変化は、それはそれは並大抵の精神じゃやっていけないでしょうね。下層で生きる人間が、日々を悩み考え苦しみ笑う。その中で喜びを見出す。だけど、やはり見たくもない現実が目の前にある。見方を変えれば、この作品って風俗嬢の私にはかなきつい。だって、未来の私がそうなっている可能性は無くもないんですから。有り得なくもない現実をまざまざと見せてくれた、この『おやじ男優Z』。

バックグラウンドで絶望的な暗さを持っているのに、フォアグラウンドは底無しに明るい。エロくてシモネタが満載というだけでなく、人物たちがとにかく明るい。前を見ている。苦しみながらも自分の今と立ち位置をしっかりと把握している。だから、微かな光に希望の動線を探して生きている。シリアスとコメディが絶妙なバランスで混在する映画だった。

とにかく現実。息苦しくなるくらいの現実がそこにあったの。おやじ三人の家に若い巨乳美少女が住み着くなんて、男の妄想を映画の中で現実にしちゃった時点で本来はフィクションなんだけど、この映画は現実しかなかった。


私の個人的な主観で見ちゃうと、ラストのシーンで考えさせられるものがあった。その選択に間違いはないと強く言いたくなった。そうしなきゃいけないんだよって言いたくなった。重なる部分が幾つかあったからなんだけどね。生きる、について考えさせられる映画がAVの男優で汁だなんて、なかなか無い。海外の作品でポルノ男優がメインのものがあったけど、おやじ男優Zはそれとは一線を画していた。哀愁漂うおじさんの今がそこにあった。切ないのに面白いって素晴らしい。

もっと広まって欲しい。もっともっと見て欲しい。なんだか難しい決まりがあるようだけど、そんな規約を守っていたらこうした良作が広まらない。人に観られなきゃ伝えられない。人の言葉が人を動かすのに勿体ないな。だんだんと衰退していく性産業なのだから、そこはもっとフラットになればいいのに…と私は思うのです。


上映後のトークイベントも良かった。俳優方の気さくな雰囲気がとても親しみがあって、お客さんと俳優の距離が近かったの。私の話を聞いてくれて、お話をしてくれた。知らなかった事をたくさん知れた。嬉しかったな。お寿司とお菓子も美味しかったぁ(笑)

心から笑って涙したいなら、この映画は絶対に観るべき。後悔をさせない映画ってそう多くはないもの。


2015-01-19

舞台に上がってみて。


こんにちは。

昨日は女優さん達と鍋パという可愛い名前の下衆会でした(笑)可愛い子から卑猥な言葉が並ぶって、とてもエロくて来るのもがありますね。あんな酷い会話、男性方には聞かせられないかも。こっそり覗いてみたくなるでしょうけど。

先日、17日に『桜田伝次郎 悦虐飼育残酷浣腸劇』にM女で出させて頂きましたので、その事について書いてみようかと思います。

先に簡単な感想だけを言うなら、楽しかった、面白かった、気持ちが良かった。これに尽きます。
十年程前にSMクラブで働いていましたけど、ここまで虐められたのは初めてでした。スパンキングされて、引っ掻かれて、噛み付かれて、縛られて、鞭で打たれて、蝋燭を垂らされて、浣腸を注ぎ込まれる。なんでしょう、この豪華ラインナップ(笑)事前にお話はしていました、私の性的趣向の中身を桜田伝次郎先生と。初めてお会いした時だけでなく、その後も数回ほど会ってお酒を飲みながらお話をして、だいぶ深い部分まで私は打ち明けました。これまで誰にも話した事がないことまで。先生はしっかりと聞いてくれて、引き出してくれて、私という人間を見てくれました。理解をしてくれました。そして、本番で私の願いに全て応えてくれました。

うん、先生に虐められた…ではなく、先生が虐めてくれた…ですね。触れる手は優しく、時折かけてくれる声は温かく、責め抜く間は私を見てくれる。サングラスに隠れた表情は全てを読み取れませんでしたが、でも柔らかかったです。

終わってから先生が仰っていました。月緒とは最初で最後のつもりで挑んだ、と。私は以前から今回のみだとお話していましたから、それでなのでしょう。そして、見抜かれていました。他のショウには出る気がないのも、私の性格では向いていないのも。私は桜田伝次郎先生だから、今回のショウに出る選択をしました。他の方なら頷いていないでしょう。

私は風俗という小さく湿った箱の中の人間です。プレイヤーであって、パフォーマーではない。表向きの要素を持っていなんですよね。なので、一度きりの良い経験で終わらせるつもりでしました。けれど、先生がまたやりましょう、と仰って下さって…。他にもお客様方からの言葉や、ずっと近くで心配して見守ってくれていた友達から、一度と決めない方がいいと言ってくれて。だから、先生のだけなら求められたらまた再び舞台に上がるかもしれません。こればかりは先生のお気持ち次第なので、どうなるのかはわかりませんけれど、それでもいつかまた出させて頂ける時は今回の様に心から楽しみたいです。

今回は多くの方の温かさで乗り切れた部分もあります。先生だけでなく、あおいさんやきりちゃんの二人からも不安になる私に優しいアドバイスや言葉をくれました。松本格子戸さんも私の緊張をほぐしてくれました。そして今回は特に、友達には感謝でいっぱいです。本番当日を迎える迄の間、話しを聞いてくれて、アドバイスをしてくれて、励ましてくれて、当日も観に来てくれた。ずっと心配して見守ってくれた。彼女がいなかったら、かなりの焦燥感にかられて本番を迎えていたでしょう。楽しみでありつつ不安だったし怖かったけど、友達が自分の事のように思ってくれたから、だから大丈夫でした。怖くなかった(蝋燭の火は怖かったけど(笑))

舞台が終わって私の体はあちこちに痣が出来ていました。内出血も凄い。触れれば痛いし、見た目も痛々しい。でも大満足。事前に先生にお願いしていました。本番では手加減しなくてもいい、と。個人的な調教プレイではなく、お客さんがいるのだから先生が魅せたいようにして下さい、と。でも、先生ってば手加減したそうです。これ以上やったら月緒が、二度と会ってくれなくなりそうだからって。なんでも、最中に先生の中のSが降臨したらしく理性で抑えたみたい。残念。先生の本気を受けてみたかった。

とても良い経験と一生忘れない思い出になった素敵な一日でした。新たな自分に出会えました。新たな世界を知ってしまいました。きっと抜け出すなんてできない。甘い甘い倒錯の世界から。

2015-01-18

イベントお知らせです。


♡♡一月二十九日(木)♡♡
フェラ&クンニ講座で講師を致します《カップル限定》。
私のこれまでの経験を楽しく面白く教えられたらと考えていますので是非遊びに来て下さい。
終わったら来て頂いた方達とお喋りしたいし♡

時間は十九時から二十三時
料金はカップル限定ですのでお二人で一万円となります。

場所は新宿【No,Where】です。

♡♡二月十八日(水)♡♡
風俗嬢限定女子会を開催します。
時間は十九時~
場所は【No,Where】
料金は無料です。

過去、風俗に従事していた。これから風俗で働こうと考えている。という方も歓迎です。
これは私の経験になってしまうのですが、この仕事は一人で抱えてしまいがちです。愚痴も不満も悩みも苦しみも。
吐き出し場所の無い風俗嬢が多いかと。だったら皆で集まって、そんな話じゃなくてもいろんなお話をして楽しもうよ、と思って。あと、四月に私がやるイベント前に風俗嬢ならではのお話も聞きたくて。だから半分は女子会。半分は私に協力をして頂けらと思い、会を開きます。

お料理やお菓子を用意してお待ちしていますので、気軽にいらしてください。

♡♡四月三日(金)♡♡
シアターPOOにて『風俗嬢の内緒話』……だったかな?ごめんなさい、タイトルを忘れてしまいました(笑)
出演~松本格子戸様・小司あんちゃん・クンニクマンさん・月緒。
他にも風俗界の方も数名決まっています。そしてまだまだ交渉中の方もいらっしゃいます。

風俗が好きで、風俗嬢が好きで、風俗の裏側を覗いてみたい。そんなイベントです。
赤裸々過ぎて、行くのが怖くなる?それともすぐに抜きたくなる?どちらでしょう。
内容はただ今、司会をしてくださる松本格子戸様と練っています。来て頂く皆様が楽しめるイベントになる筈♪
詳細が決まりましたら随時お知らせしますね。



他にも、春のストリップ劇場観劇ツアーも考えています。三月かな。
皆でストリップを観て、その後お酒を飲んでお喋りができたらなーって。
一人よりも二人よりも、大勢で遊ぶって楽しいじゃない?私が賑やかな事が大好きだから、やりたいだけなんですけど。近々、募集を始めます。



一月と二月のイベント参加は『tsukio_2345@yahoo.co.jp』こちらにまで。
皆様とお会いできるの楽しみにしております。


月緒

2015-01-18

今年の目標とか。


筆無精っぷりを大発揮しいますこんにちは。
久方振りのブログです。
遅くなりましたが、こちらでもご挨拶を…明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願いします。

今年のやりたい事は、壱・歌舞伎を見に行きたい。弐・Red Bull X-Fighters Osakaを開催するのであれば観戦したい。参・鈴鹿 八時間耐久レースを観戦したい。肆・MotoGp 日本グランプリを観戦したい。伍・映画、演劇にたくさん足を運ぶ。陸・もっともっとイベントに足を運ぶ。漆・今年一年はライターとしての顔を売る。書き物を増やす。玖・この数字が持つ意味の様に綺麗な黒髪を作る。拾・可愛い女になりたいよ(●´ω`●)…以上。

本当はもっともっとあるけどキリのいい所でね。

昨年の後半から一気に私の世界が変わりました。これまであったアイデンティティを思い切りぶっ壊してくれたのは、凄く凄く刺激的で嬉しくて、ただただ幸せを感じています。沢山笑って、沢山悩んで、沢山考えて、沢山振り返って、あとは前を見る。これ等で埋め尽くされた昨年の後半。
たったこれだけの事なんだけど、案外しないんですよね。慣れてしまった日常の中で自分を振り返る時間って、あまり無いというか、作らない。そういった機会もそうあるものでもないし。風俗の世界はシンプルです。起きて、出勤して、帰って、眠る。一般的なお仕事の方も同じようなものかな?ごめんなさい、その辺りは私には分かりません。

こうした日常の中で、風俗嬢という生業故の悩みは多々あります。それはいつも。けれど、今年で風俗歴二十年ともなれば考えも悩みも浅くなってしまいます。私の場合。深く考えない、気にしない、重く捉えない、引き摺らない。私の性格上の問題もありますが、昔はあんなに泣いて悩んで苦しんで辛かったんですけどね。ある時から楽観的になってしまって。だから、私の日常はとってもシンプルで毎日同じ。なんら変わらない。ただ日常を生きている。それだけでした。

それがこの数か月で激変。仕事以外で男性と会う機会なんて全然なかったのに、今では女性より男性と会う機会の方が多いし、様々なイベントへ行くようになって、プロとしての自分を省みる事が出来るし……長々とまどろっこしいね。
要は、人の優しさに多く触れて沢山泣きました。って事です(*´ω`*)

優しいんだよ。本当に。愛に溢れているの。心に温かな明かりを灯してくれてるの。そして、その明かりは決して消えないの。次から次へと愛や優しさを与えてくれるの。こんな幸せってない。
まだまだライターといえど駆け出しで、文章も中身も未熟でなっていないダメなところだらけなのに、それでも人が手を差し伸べてくれる。教えてくれて、背中を押してくれる。気が付くと隣に立ってくれている。それも沢山の人が。きっと、これからもいろいろな人に出会う。出会いたい。そして、恩返しがしたい。

それは今年やりたい事ではなく、一生を掛けてやっていきたいです。





何もかもが出来ていない。まだまだ未熟者。ただ風俗歴が長いだけ。それだけのつまらない人間だから、中身を膨らませて、人間的な厚みを持たせたい。



今年も宜しくお願いします♡




プロフィール

月緒さん

Author:月緒さん
現役風俗嬢ライター。

GAL COLLECTIONにてコラム連載中
http://www.soapland-gc.com

Tokyo Borderless TVにて『吉原キネマ』毎週土曜日配信中
http://www.tokyoborderless.tv/

Twitter
tsukio_xoxo

お仕事の依頼などは
tsukio_2345@yahoo.co.jp
こちらから宜しくお願いします。



こちらのお店に在籍しています。
http://www.cote-dr.com/

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。