FC2ブログ

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-03-24

大浣腸祭り 終わっちゃいました・

こんばんは。
3月21日の《大浣腸祭り》が終わりました。

お話を頂いてから本番まで長く感じていたのに、終わってしまうとあっという間で、今はとっても名残惜しく感じています。
大浣腸祭りで私が務めさせてさせて頂いたのは、一部が上条早樹さん、二部が氷室イヴさん、でした。なんかね、未だに信じられない。だって、一年前はお客さんとしてデラカブへ大浣腸祭りを見ていたんだよ。ライターも名乗っていなくて、ごくごく普通のデリヘル嬢で、こういうイベントを初めて見たのがこれで。ただ、ただ、驚いていたよ。こんな世界があるのかって。

それから丁度一年が経って、まさか自分が出演しちゃうなんて、誰が、自分が、周りも、他人も、想像できないよね。

なによりもね、今から20年近く前に雑誌で見て、憧れて憧れて、でも近付けなくて、ずっと雑誌を眺めては恋?ではないけど憧れ焦がれていた、三代目葵マリーさんのイベントに自分が出演したなんて、これが一番未だに信じられない。
当時、眼鏡をかけた女王様の姿を雑誌で見て一目惚れしたの。それからずっとマリーさんの出ている雑誌は必ず購入して大切に保管してた。実家を出る時に泣く泣く手放したのは、未だに後悔してるよー。幼い頃からSMが好きで、ほかの緊縛師さんも勿論大好きだったけど、当時マリーさんの場合は憧れだった。もしもマリーさんの存在を知らなかったらSMは緊縛くらいのイメージで止まっていたかも。SMにいろいろな種類があるのを知れたのはマリーさんのお蔭。マリーさんへの憧れを拗らせてSMクラブで勤めたくらいにね。ずっとずっと心の底から憧れていたんだもん。

そうして、まさかまさかだよ。憧れの人に会えただけでなく、憧れの人のイベントに出れたなんて、今もこれ書いてて泣いてる(笑)幸せ過ぎて涙が勝手に出ちゃう。もーーー、一生分の幸せを使い果たしたかもしれない!きっと、使った。使い果たしたから、また一から幸せ貯金するよ。

しかも、マリーさんのイベントに出れただけでなく、上条早樹さんと氷室イヴさんのお相手を務められたのが、更に更に嬉しくて泣いた。泣いちゃう。涙出る。お二人のショーを初めて見た時から、ずっと言ってたの。私もしてもらいたい!って。羨ましくて羨ましくて仕方が無かった。ステージの上で、あんな風に愛されたら幸せなんだろうなって、ずっと思っていたの。

そしたら、本当に幸せだったよ。最高に幸せだった。上条さんもイヴさんも優しいの。楽屋で緊張している私の傍に来て話し掛けてくれたり、本番直前の幕が上がる前に抱き締めて励ましてくれたりしたの。それから、本番の間も所々で声を掛けてくれて、凄く凄く愛されたって思えた。この二人になら全て預けられるって、心から思えたよ。

ショーの間、私はされるがままだからいいけど上条さんとイヴさんはずっと動いているから、ふとした時に肌に触れると汗を掻いているのね。それがとても愛しくて胸が苦しくなった。ステージの上で抱き締められた時も、形だけでない心がちゃんと伝わってきて幸せだったんだぁ。

上条さんと蝋燭を持って互いの腕に蝋をかけ合うのは、私には出来なかった。だって、私が蝋で熱がるのは全然いいけど、上条さんにそんな酷い事は出来ないよ。不思議だよ。私、ずっと蝋燭が苦手で、今も火が怖くて仕方ないのに、この時は《私はいいけど上条さんには絶対にダメ》って思ったの。
あと、一本鞭も怖い。けど、イヴさんには前もって言っていなかったから、一本鞭が出てきて思い切り振り回された時は怖くて怖くて本気で悲鳴が出たんだよ。なのに、イヴさんなら一本鞭で打たれてもいいって心から思えた。全部、受け止めるって。愛の鞭とはこういう事なのかな?ww

SMって、信頼関係が成り立っていないと恐怖だけになって何も出来なくなっちゃう。特に私自身が、怖い物だらけなのを自覚しているから余計にね。だから、上条さんとイヴさんには全部お任せ出来たのが嬉しかった。何もかも任せて良かった。身体を預けて良かった。心も預ける事が出来て良かった。本番の間、私の体を上条さんとイヴさんと私で共有出来て良かった。そして、憧れの三代目葵マリーさんのイベントに出れて、上条早樹さんと氷室イヴさんのパートナーを務める事が出来た。憧れて敬愛していた三人に会えた、関われた、幸せ過ぎた一日でした。そんな大浣腸祭りでした。

これでもう十分だよ…と思ったら、まだまだやります。嬉しいお話も頂けたので、それはキチンと決まったらお知らせしますね。一月のショーで二度とショーは出ないと思っていたの。そしたら、こんな素敵なイベントに出演出来ちゃった。楽しかったぁ♡


2015-03-11

気にして気にして、自滅した


こんにちは。
コートダジュールに移って10日程が経ちました。
嬉しい事にたくさんのご予約を頂きました。ありがとうございます♡

なんかね、いつも思い出す言葉があるんです。
『まだ月緒は実力を出し切っていない。お前の限界はそこじゃないだろう?』
というある店員さんの言葉。吉原に来る前。月緒を名乗る前の話です。

この当時、私は指名に固執していませんでした。指名はあったら嬉しいけど、無くても構わない。無きゃないで楽。そんな感じで仕事の内容も手は抜いていないだろうけど、お客さんの感想も《可もなく不可もなし。次回の指名はどっちでもいい》そんな接客をしていました。

昔、指名に拘り過ぎて疲れちゃったんですよね。
出勤時間、全てお客さんで埋まっていないと不安になって、出勤したら接客した数の半分以上は指名でないと不安、指名ばかりで数日が経つと、それはそれでフリーの新規開拓が出来ないと不安に、お客さんが常に続いていないと不安、十分だって休憩が出来ると不安、毎月の指名本数が心配、上位三以内の入っていないと不安。

もーーーーー不安ばかり。

指名本数もお店が把握している数と私が把握している数って違っていて、たとえばお店に『月緒指名』で入ったお客さんと、二千円の指名料を払うのはちょっと…でも月緒がいいから写指で入ったお客さん、この二通りがあったんです。
本指と写指。これだと私に入るお給料と月の指名数に大きな違いが出てしまうんですよね。けど、それでも前回ついたお客さんが私に戻ってくる事が大事だったので私には不満が無かったんです。ただ、月の指名数がそのおかげで三位以内を死守するのに大変でしたが。

指名…というよりも、私を求めてくれる、私を必要としてくれる、これに重きを置いていたのか、やはり数字に拘っていたのか。どちらもなんでしょうが、それでも疲れます、こんな状態は。

指名って一人の戦いみたいなものかな、って。
女の子達の接客スタイルは千差万別。皆が一様に違う。自分だけの接客スタイルでお客さんを獲得していく。女の子に聞いたとしても、参考にならないと思っています。なので、指名争いは常に自分自身とでした。自分が満足のいく結果を、後悔はしたくないから、そして指名があれば暇な時期も稼げるから。その気持ちだけでやっていました。誰にも相談せず、一人で不安を抱えて、一人きりで物事を全てこなしていく、こんな状態だったので、いつしか壊れました。

ある日、二人のお客さんをこなしてから店員さんが私の元にきて言いました。『アンケートが二人とも90点だったけど、どうしたの?』と。それまでのアンケートは全て100点だったんです。90点なんて取った事がありませんでした。この結果に私も落ち込みました。そして、店員さんが『今日はもうゆっくりしな』そう言って早上がりさせてくれました。

暫くして持ち直しましたが、それでも指名に対する不安や焦りが消えなくて、他にも家の悩みもあって、毎日胃薬を飲んで、頭痛薬を飲んで、時々バリウム飲んでの検査をして、それでも指名に対する執着が消えなくて。そこにしか自分を認められる場所が無かったんですよね。深くて大きな承認欲求を指名という分かり易い形で示そうとして、ね。そりゃ、壊れるよね。

けど、何があったのか、切っ掛けが何だったのか今でも分かりませんが、ある日全てを気にしなくなりました。何を気にしたって物事は動く時は動くし、動かない時は動かない。壊れた自分にお客さんがつくわけがない、何よりも自分が疲れる。疲れる事は止めよう。そう思えたんです。それからは胃薬も頭痛薬も手放して、指名も一切気にしなくなりました。

で、そうした中で言われたのが冒頭の店員さんの言葉です。
これを言われた時に思い出したのが、過去の指名に溢れていた自分。指名=自信に繋がっていた自分。けれど数字に追われて疲れた自分。やろうと思えば、きっと昔の様に動けるかもしれない。けれど過去は過去。今は無理かもしれない。最高頂の自分と、どん底の自分。どちらの感情も知っているから、返事が曖昧になりました。
約束なんて出来ない。したところで結果を出せる自信なんか微塵も無かったし、また指名を気にし過ぎて自滅するのも嫌だったし。結果的に、その店員さんの言葉の通りに指名を盛り返す事は出来ました。でも、数字的には微々たるもの。昔に比べたら遥かに少ない。それでも店員さんは『ほら、俺の言った通りだった。お前はやればできるんだよ』と言って誉めてくれたんですよね。

指名は大事だし、お店に貢献する分かり易い形。自分の為でもある。なによりも、来てくれたお客さんが笑顔で帰ってくれた、満足してくれた、その延長線上にあるのが指名という結果がある。だから、常に全力で頑張らなくていけないんですよね。今は多くの事が吹っ切れたのか、仕事をプライベートの様に楽しんでいるので、この先に指名があればいいなーなんです。私もお客さんも楽しんで気持ち良くお遊びが出来たらいいなーって。その気持ちが強いです。

もともと人と競うのが大嫌いで、誰かが私と競おうとするなら速攻で白旗を上げます。幾らでも勝ちを差し上げます。
それに学校では競う事で負けん気を育てるので大切なんでしょうが、風俗の世界は誰かと競うのではなく己との戦いなので、余計に人と比べたり争ったり競ったりするのは嫌いなんですよね。
けど、自分に対して私が競うのは好きです。自分対自分。私が満足したいなら、私が笑いたいなら、私が喜ぶなら、私はその為に頑張ります。怠惰な自分と戦うし、発破を掛けます。なによりも、満足行く結果も実力も無いのに勝手に人をライバル視して、競争のスタートライン立たせようとするなんてどれだけ身の程を知らないのか…と思うので。

自分の実力が分かっていればライバルなんていない。いるのは己のみだから。

今は、楽しくお仕事をした結果に指名がついてくるといいな~~って。お客さんが払ったお金の価値以上の仕事が出来たらいいな~って。私と遊んで良かったって思って貰えたらいいな~って考えています。

今日と明日はお仕事はお休みでライター業に集中します(*´ω`*)

明後日、気持ちが良いお仕事が出来たらいいな。
お仕事でもイク時ってあるよね?私、すぐイク時は早いww
この間、お客さんが玩具を持ってきてくれて、何度もイッちゃったの。あれ本当に気持ちがいいよね。玩具が好き過ぎて辛い(笑)

〆に馬鹿な話でごめんなさい。けど、気持ちが良い事って心にも体にもいいよね。SEXって心身に効果抜群の栄養だよね?


2015-03-04

ニコ生 白虎監督レズビアンチャンネルに出演させて頂きました♡

こんばんは。
書こうと思ってすっかり日が経ってしまった、先日の『V&R白虎監督レズビアンチャンネル』の事。
これ書かなきゃね。すっごく面白くて、すっごく濃厚だったお話をね。

始めましての真咲南朋監督と何度目ましての白虎監督が揃うと、予想通りというか、想像以上というか、トークの内容が濃いし熱いし、真剣だし、大人の本気って素晴らしいという、まだまだ自分ってひよっこもひよっこ。ピヨピヨだったわ。という、ね。

白虎監督と真咲監督のレズビアン作品はとても対照的。リアルレズビアンを見るなら白虎監督作品。女同士の絡みを見たいなら真咲監督…という感じになるかな。パステルカラーの白虎監督とビビッドなカラーの真咲監督って感じ。共通するのは両者共に作品に女優に愛が籠ってる。愛が前面にあってのレズプレイになっている。だから見ていて気持ちがいいんだよね。

そんな二人に挟まれてのニコ生は酒池肉林でした。
淫らで下品で、破廉恥極まりない大人の酒宴。ニコ生のコメントにあった『大人の本気』って、まさにそう。あんなにお馬鹿で気持ちが良くてたんまり笑った延長ダブルの二時間半と少し。途中から酔っ払っちゃって、何を言ったか、何をしたかかなり曖昧になっているんだけど、でも分かるのは羨ましい!ってこと。
あんなエロを本気で考えて、エロを本気で楽しむ大人達の仲に私もずっぽり深みに嵌りたいって、心から思った。なんならAVの裏で働きたい!一日ADしてみたい!というか、ADから始めてAVの世界を勉強したいって凄く思った。大好きだよエロ業界。エロ最高。エロい人達が大好き。

途中から参加してきたタートル今田監督も面白過ぎた。飄々としてエロかった、飄々エロだったのは酔っ払っていたから?翌日のTwitterで普通の方だったから、ギャップ萌えしたよ。いいな~楽しそう…ていうか楽しいんだろうな~。勿論、楽しいだけじゃないのは十二分に分かっているよ。大変、大変の苦労の上に今があって、これからあるんだろうしね。う~ん素晴らしきエロ監督達。だから、私も頑張る。

ニコ生でのシュチュエーションAVごっこ。私、初めて女優ぶった事しちゃった。真咲監督の目が堪らなかった!あと、唇と舌の感触と熱と動きと、首にあてがわれた手と、思い出して濡れる!!今思い返すと酔っ払っていたから出来たのかも。いや、酔っ払っていなくても、あの状況ではやるしかないよね。やらなきゃ損だしね。やってみないと何事も嫌な性分だから、真咲監督とのシュチュエーションレズも面白かったし、ニコ生が終わってから飲尿デビューを真咲監督のオシッコで出来たのも嬉しかった。ずっと飲尿に興味があったの。一月に取材させて貰ったV&R作品『飲愛』での飲尿シーンが色濃く、心に根付いていたからチャレンジ出来て幸せでした。

終わってからも熱いトークは繰り広げられていたんだよ。エロって奥が深い。エロって終わりなき旅だよ。
白虎監督のAV台本も見せて貰いました。びっしりと書かれたそこには、動きや表情、感情に至るまで細かな説明、人物設定があったの。どれだけ真っ直ぐにレズというジャンルに向き合って、探求しているかが凄い伝わった。だって、ただのレズ好きというだけじゃ、男性があんなに詳細にレズを書けないよ。感情面がとってもリアルなの。私の知っている、私が経験してきたレズビアンの世界と感情が台本の中にあったんだよ。女同士のリアルな恋を見せてくれるから、AVの枠を越えてドラマや映画のような感じ。うん、白虎監督の作品はドラマ性が高いの。お話をしていても、実際のレズビアン事情に詳しいし、AV撮影で女優さんが着る衣装も白虎監督自らが買いに行ってるとか、兎にも角にも熱い人。真摯な姿勢がカッコいい。

またニコ生レズチャンネルやって欲しいな。その時、ゲストじゃなくても絶対に見に行くもん。遠くから見てはぁはぁ欲情したい。あんな楽しい事ばっかり見ちゃうから、AVの世界に嵌っていっちゃうし抜け出せないし、一生エロの傍にいたい。

すっごく幸せな夜でした(´艸`*)
ありがとうございました♡





プロフィール

月緒さん

Author:月緒さん
現役風俗嬢ライター。

GAL COLLECTIONにてコラム連載中
http://www.soapland-gc.com

Tokyo Borderless TVにて『吉原キネマ』毎週土曜日配信中
http://www.tokyoborderless.tv/

Twitter
tsukio_xoxo

お仕事の依頼などは
tsukio_2345@yahoo.co.jp
こちらから宜しくお願いします。



こちらのお店に在籍しています。
http://www.cote-dr.com/

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。